• 絵画買取査定についてページへ
    • 絵画買取査定について
    • 絵画買取査定申し込み
    • 絵画買取査定Q&A
    • 鑑定家・鑑定機関
  • 絵画購入についての説明ページへ
    • 絵画の購入について
    • 購入ガイド
    • 絵画購入についての質問
    • おすすめWebカタログ
    • おすすめ作品一覧
    • 格安人気作品一覧
    • 作品探し申込み
  • 特選名品館についての案内ページへ
    • 特選名品館について
    • 会員登録申込みフォーム
    • 会員登録についての質問
  • 取扱い作家一覧ページへ
    • 検索ガイド
    • 検索ガイド
    • ジャンル別作家一覧
  • 美術の知識をふやす
    • 美術と法律
    • 画廊店主のひとり言
  • 画廊紹介ページへ
  • お問い合わせフォームへ
ホーム|買いたい方|取扱作家一覧|ローランサン 作品一覧
作家作品一覧
作家名
ローランサン
Laurencin Marie

43 件の作品があります。
 2 3 >>
ローランサン 歌
 
■作家名
ローランサン
■作品名
■技法
リトグラフ

ローランサン ジュディス
■作家名
ローランサン
■作品名
ジュディス
■技法
リトグラフ

ローランサン 舞台稽古
■作家名
ローランサン
■作品名
舞台稽古
■技法
リトグラフ

ローランサン アリスの不思議な旅より“兎の家のアリス”
 
■作家名
ローランサン
■作品名
アリスの不思議な旅より“兎の家のアリス”
■技法
リトグラフ  

ローランサン アリスの不思議な旅より“アリスの眠り”
 
■作家名
ローランサン
■作品名
アリスの不思議な旅より“アリスの眠り”
■技法
リトグラフ  

ローランサン ロザベル(“園遊会”より)
 
■作家名
ローランサン
■作品名
ロザベル(“園遊会”より)
■技法
リトグラフ

ローランサン 新しいドレス(“園遊会”より)
 
■作家名
ローランサン
■作品名
新しいドレス(“園遊会”より)
■技法
リトグラフ

ローランサン 少し子供じみて・・・(“園遊会”より)
 
■作家名
ローランサン
■作品名
少し子供じみて・・・(“園遊会”より)
■技法
リトグラフ

ローランサン 小さな女家庭教師(“園遊会”より)
 
■作家名
ローランサン
■作品名
小さな女家庭教師(“園遊会”より)
■技法
リトグラフ

ローランサン プレリュード l (“園遊会”より)
 
■作家名
ローランサン
■作品名
プレリュード l (“園遊会”より)
■技法
リトグラフ

ローランサン プレリュードII(“園遊会”より)
 
■作家名
ローランサン
■作品名
プレリュードII(“園遊会”より)
■技法
リトグラフ

ローランサン プレリュードIII(“園遊会”より)
 
■作家名
ローランサン
■作品名
プレリュードIII(“園遊会”より)
■技法
リトグラフ

ローランサン 心理(“園遊会”より)
 
■作家名
ローランサン
■作品名
心理(“園遊会”より)
■技法
リトグラフ

ローランサン 至福(“園遊会”より)
 
■作家名
ローランサン
■作品名
至福(“園遊会”より)
■技法
リトグラフ

ローランサン ブリル嬢(“園遊会”より)
 
■作家名
ローランサン
■作品名
ブリル嬢(“園遊会”より)
■技法
リトグラフ

ローランサン パーカーおばさんの生活(“園遊会”より)
 
■作家名
ローランサン
■作品名
パーカーおばさんの生活(“園遊会”より)
■技法
リトグラフ

ローランサン 故陸軍大佐の娘たち(“園遊会”より)
 
■作家名
ローランサン
■作品名
故陸軍大佐の娘たち(“園遊会”より)
■技法
リトグラフ

ローランサン 鳩の夫婦(“園遊会”より)
 
■作家名
ローランサン
■作品名
鳩の夫婦(“園遊会”より)
■技法
リトグラフ

ローランサン 園遊会(“園遊会”より)
 
■作家名
ローランサン
■作品名
園遊会(“園遊会”より)
■技法
リトグラフ

ローランサン 人形の家(“園遊会”より)
 
■作家名
ローランサン
■作品名
人形の家(“園遊会”より)
■技法
リトグラフ


 2 3 >>
ローランサンの作品を高価買取いたします。
東京・銀座で20余年にわたる信用と実績。
買取査定フォームにて簡単に査定の申し込みができます。
美術品の売却はこちら

ローランサン 略歴

1883年 マリー・ローランサン、パリに生まれる。
1893年 パリのリセ・ラマルティーヌに入学。
1902年 女子師範学校への進学準備を止め、磁器の絵付け講習に通う。
1904年 リセ卒業。画塾アカデミー・アンベールに入り、ジョルジュ・ブラックと出会う。
1906年 ブラックの紹介でアトリエ洗濯船の常連となりピカソやアポリネールらと出会う。
1912年 初めての個展開催。
1916年 バルセロナへ亡命する。
1917年 ピカビアの主催するダダの雑誌「391」に挿絵を提供。
1923年 肖像画を描き始める。ジャン・コクトーの「牡鹿」で舞台装置と衣装を担当。
1944年 マルセル・ジュアンドー著「小動物物語集」にエッチング8点を掲載。
1956年 パリにて死去。